自分で売値の概算を出す方法

MENU
 

自分で売値の概算を出す方法

自分で買取り額を予想することは出来ます。車を買取りに出す前に概算として知っておくとその後の交渉がスムーズに行くこともありますので、知っておいて損はないと思います。

自分で買取り額を予測してみよう!

 

たとえば、中古車相場の本体価格が100万円だったとします。

 

そこから逆算します。

 

(通常買取店は、オークションに流すのが常ですので下のルートで仮定します。)

 

 

100 - 買取店利益 - 販売店利益 - 消費税2回分 = 買取価格

 

 

買取店利益と販売店利益を最少にして考えると、最大売却価格が見えてきます。

 

消費税は買取店が販売店に売る時に1回。
販売店が購入者に売るときに1回。

 

合計2回かかってきます。
仮に買取店利益と販売店利益をそれぞれ10万とします。

 

消費税はここでは計算しやすいようにどちらも5万ずつとします。

 

 

100万円 - 10万円 - 10万円 - 5万円 - 5万円 = 70万円が目安です。

 

 

これを75万円にするには買取店か販売店のどちらかが泣く(がんばる)ことになります。

 

または買取店がそのまま自社での販売ルートを持っていれば、その分中間マージンを削除できるケースもあります(ガリバーなど)。

 

中古車の販売相場が、100万円であれば80万円はかなりいいと思いますが、かなり危険な気もします。

 

二重査定もありますから慎重に。

 

その他、リサイクル料や、輸送料、名義変更手続き料・・・売却にあたって取られるものがないか?
確認しましょう。