車の走行距離が与える査定の影響とは?

MENU
 

車の走行距離が与える査定の影響とは?

車の買取り査定価格は、その車の走行距離によって大きく影響します。では、どのくらい影響するのか自分で調べられる方法がありますのでご説明します。

走行距離は査定額にどう影響する?

車の状態を見ないと分かりませんが走行距離減点がかなりあります。

 

通常1年-1万キロで査定します。

 

つまり、もし8年落ちで10万キロ乗った車を例に説明しましょう。

 

例)
・日産エルグランド 新車で買って8年
・走行距離:10万キロ

 

 

走行距離10万キロ - 8年×1万キロ  = 2万キロ

 

2万キロオーバーしています。

 

車種や買取り店により違いますが

 

買取り査定相場価格:80万円

 

・8年で2万キロオーバーなので、20,000×10円=200,000円減額

・80万円-20万円=60万円

 

よって、下取り価格は60万円となります。

 

 

あくまで、ざっくりとした計算方法ですが、大きくはずれないと思います。

 

ですから、車の走行距離は、ダイレクトに買取り査定額に影響します。